必見・陥りがちな美顔ケアの落とし穴

気をつけましょう!

婦人

失敗しやすい顔瘦せケア

入浴や読書の合間に「ながら」作業でお手軽に実践できる美容家電、器具は便利ですね。しかし、手軽とは裏腹に効果につながらないとの声もよく耳にします。あくまで美容グッズは「補助する」ものなので「これさえやれば」という認識で使用しないよう気をつけましょう。

効果的でも無理なケアは続かない

様々な顔瘦せについてのお手入れ方法など知ることができます。短時間でできるものもあれば、トラブルを重点的にケアするものまで目的によって方法は千差万別です。無理なく私生活に取り入れられる、続けられるものを優先的に取り入れていきましょう。

エステのみでの小顔ケア

「毎日の手入れは大変」「プロの手でやってもらったほうがいい」という意見もちらほら聞きます。「小顔・美顔」は日々の積み重ねでキープしていくものです。プロの手ほど効果的でなくとも自分の手で毎日お手入れする習慣こそ成功のカギです。地道に目標に向けて頑張りましょう。

原因は十人十色

「顔太り」の原因は人によってさまざま。その人にあったケアをしていかなくては悪化してしまうこともあります。適度に痩せるためには自分の顔太りの原因や対策をしっかり理解したうえでトラブルを解決していきましょう。

体質に合わないものを続けない

姿勢の悪さから「顔太り」に影響が出ている場合もあります。骨格や顔のゆがみ特にがひどい人などは解消ストレッチなどで痛みを感じる場合もあります。いくら効果的であってもかえって悪影響を及ぼす場合もあるので、無理をせず実践できるものに変えるか医師に相談することをおすすめします。

どんな人が失敗しているのでしょうか?

「どの美顔ケアが一番効果的なの?」、「すぐ効き目を実感できる簡単な方法を教えてください!」とういのはよくある質問です。そんな疑問に対して、実際に寄せられた質問をQ&A形式で見ていきましょう。

美顔ケアの落とし穴!?意外と知らない基礎知識

全然効果が出ません

美容グッズはあくまである程度の美容健康法を実践しているうえで、その効果を「補助するもの」です。合間の作業でお手入れをするのとは別に、お手入れするよう心がけないと「顔太り」解消につなげることができません。

顔面エクササイズの効果が出にくいのですが

顔面エクササイズで表情筋を鍛えて引き締めることで小顔効果が期待できます。しかし人によっては咬筋(噛む力)が緊張しているせいで「顔太り」を引き起こしている場合があります。そういった人はむしろ筋肉をリラックスさせるようにしましょう。

顔だけ贅肉を落とす方法はありますか?

「慢性的な肥満」のほかに「むくみ」「姿勢の悪さ」「表情筋のたるみ」が原因の「顔太り」もあります。ダイエットなどで肥満を解消したにもかかわらず効果が出ない方はいずれかのトラブルを併発している可能性があります。

体重は変わってないのに二重あごが出てきた

二重あごのたるみは経年からくる表情筋の衰えのほかに「姿勢の悪さ」もあります。スタイルが変化していない人でも、普段うつむきがちな姿勢を頻繁にしていると「二重あご」の原因になってしまうので改善するよう心がけましょう。

マッサージしていても顔がパンパンになる

マッサージケアをしている人でも普段の生活態度が原因で美容効果を発揮しづらい場合があります。生活習慣を見直したり表情筋を鍛えるなどトラブルが起きにくい体づくりが肝心です。

広告募集中